返回列表 回復 發帖

tvgameoutlet.asia-ドルチェ&ガッバーナ12120956

 共にいるセレスティアとフレイアは、レイに重度の好意をもってべたべたとくっついていた。「お姉ちゃんもいいけど、妹がほしかったんだよねぇ……」ニンテンドー3DS本体
「可愛い可愛い女の子にいろいろ着せたかったのぉ……」 セレスティアとフレイアが、うっとりとしてレイに頬擦りしている。
 エルは苦笑いを浮かべて肩を竦めた。「で、『罪亡き人』は少ないんだ。でも、交流できたら不可侵契約やこの世界の共存共栄ができうかもしれない。
僕が知っている『罪亡き人』は【自然干渉型】で【断罪執行者】って呼ばれてたりするんだ」 エルは思い出すように目を細める。ニンテンドーDS
 狭間からは轟音を纏った水が、セレスティアとエル、フレイアとレイの間へ割り込むように噴出す。 フレイアがレイを抱え、跳躍する。 宙を駆けるフレイアは即座に羽を顕現させるが――術中から逃れることはできず。 突然広がった紫の波紋にフレイアとレイはぶつかり、そのまま飲み込まれ、音もなく消えた。 セレスティアとエルは動揺もせず、目の前に広がった波紋へと一歩を踏み出す。 両端が歪に蠢き、二人の背後へ回る,Wii U。 二人の八方を塞ぎ、そのまま収縮し――消えた。 そして、物語の舞台は。 フレイアはレイを抱えなおし、羽の飛行速度をあげた。 下には、無限に広がる漆黒。 八方もそれと同じく、上空には光熱によるものなのか、少々ほど紫だ。 妙な空虚感が、この空間では得られる。「別にいりませんけどね……」 フレイアはさらに地形分析をする。 ところどころには、無限といった下から伸びたのであろう足場といえる棒が立っていた。 定義できることはひとつ。 ――異質空間。 これほどに大規模で、原型を嘘とした無に近い空間を、フレイアは見たことがない。http://www.tvgameoutlet.asia 四人の歩むは、黒岩の織り成す地獄への階段。 一歩ごとに、光が失われ。 一歩ごとに、絶望と憎悪へと近づき。ドルチェ&ガッバーナ 一歩ごとに、人から心という理性が失われ。 それでもこの四人は眉ひとつ顰めず、隔離された空間にいるかのように明るい笑みを絶やすことがなかった。ニンテンドー3DS すでに、常人の域にない存在達。 唐突に、セレスティアが足を止めた。 二歩ほど先を行ったところで、フレイアとレイが立ち止まる。 セレスティアの隣にはエルが。「……この配分でいいか、ちょうどだし」 セレスティアがフレイアとレイをみて、言う。PlayStation Vita エルが片手を横へ突き出した。 途端――世界が軋みあがる。 耳を押さえたくなる金きり音。世界は割れた。
返回列表