返回列表 回復 發帖

」「ち、違……やんっ

抱き枕ゲット2
 俺たちはバンパイア・レディを捕まえて街に戻り、ホテルの部屋の中に連れ込んだ。今夜はこいつを抱き枕にして寝よう。tumi カバン
「あの部屋で何してたの?」「ご覧の通りです。社長がどうしてもとおっしゃるので……」「社長? もしかしてあいつがラスボス?」TUMI トート
 俺は言われた通り、ステータスチェッカーに話しかけてみた。すかさず彼女が機械を取り出して返事をする。「はい、レイです……ほら、これで信じていただけましたか?」「やだ」「ええっ!」「お前はバンパイアレディのダニエラで、俺の抱き枕。決まり」 そんなわけで、俺とアスカとダニエラは同じベッドで寝た。アスカは疲れているらしく、寝息を立てている。 ちなみにダニエラは全裸だ。「あの、ジンさん……服を着させてください」「抱き枕に服なんか必要ないだろ」「私は抱き枕じゃありません!」 あれ、反抗的だな。これはお仕置きをしないとダメだね。 俺は彼女を四つんばいにして、その真っ白なお尻を手の平で叩いた。「あんっ!」「お前は抱き枕だよね?」「ち、違……やんっ!」 どこまでも反抗的だ。こうなったら仕方がない。「今日は朝までつきあってもらうよ」「や、やあっ……ダメええっ!」http://www.tumibus.asia「はい」 しまった、逃がすんじゃなかったよ。「あの、ジンさん……」 え、なんでこいつ俺の名前を知ってるんだろ。TUMITUMI 店舗「何?」「私はモンスターではありません。正体は神崎麗です」「は? 髪の毛も瞳も紫色じゃん」「髪はカラーリングで、目はカラーコンタクトです」TUMI 3way
 ふーん、そういう事か。どうやら本当みたいだね。「信じていただけますか?」「やだ」 彼女の顔が絶望にゆがむ。プラダ バッグ
 とりあえず彼女をベッドに座らせた。さて、自己紹介でもしてもらおうかな。 アスカは全然興味がないらしく、椅子に座ってメロンシャーベットをぱくついてる。あいつはほうっておく事にしよう。prada バッグ
「じゃあ、なんでバンパイアレディになったの?」「あんな事をしているのが同僚にバレたら生き恥ですから、変装を……」プラダ トート
「ど、どうして……」「証拠がない以上、信じるわけにはいかないな」「じ、じゃあステータス・チェッカーに話しかけてください。私が応答しますから」TUMI トート
「それで、名前は?」「ダニエラです」「歳は?」「今年で二十歳になりました」 なんか、見た目と声がレイに似てるのは気のせいかな。プラダ トート
関連記事:

  
   「紫、極上の酒を用意して
  
   [/url]
  
   [url=http://likester.biz/blog/social-media-tip-4?page=7162#comment-358408]でも、そのうち帝国に戻るでしょう
返回列表